ホームページ
ニュース
ターボトレインとは何か
  超強力機関車を求めて
  高速気動車を求めて
  非電化に奇跡を
  オイルショック
日本のターボトレイン
  誕生の背景
  キハ07
  キハ391
    動力性能
     資料1
     資料2
     資料3
     資料4
     資料5
     資料6
     資料7
     資料8
     資料9
     資料10
     資料11
  何が問題だったか
  様々な提案
     動力集中方式
     連接か非連接か?
ガスタービン車両最近の動き
  RTLV
  ジェットトレイン
  ALPSプロジェクト
  CINGL
  低公害ガスタービン機関車
ガスタービンとは
  仕組み
  様々な構成
  長所・短所
  トルク特性
  燃料消費
ガスタービンの進歩
  M1戦車が示したもの
  ディーゼルへの挑戦
新しい試み
  Multi-Pressure GT
  Jirnov Vortex Engine
  Ramgen Engine
  Detonation Cycle GT
”もしも”を楽しむ
  キハ391とM1戦車
  電気式ガスタービン動車
  電源車方式
  ガスタービン機関車
  非電化高速鉄道
  キハ391改
  キハ391改-電気式
  映画とアニメ
    Rail Wars! はつかり
    Rail Wars! はつかり2
    Rail Wars! はつかり3
リンク
引用元など
掲示板


 

なぜ滅びたのか

 

 高速列車の切り札として、非電化に奇跡をもたらすスーパーカーとして注目されたターボトレイン、1973年、あっという間に奈落の底へ転落するときがやってきました。なぜ救世主的英雄ともてはやされていながらいきなり追放されるようなことになったのでしょう。

オイルショック 

 中東諸国が原油を武器として利用するようになり原油価格が急騰、一気にエネルギー事情が変わり、引き続く中東情勢不安から世界は省エネへと向かわざるをえなくなりました。燃料を大食いするガスタービンは一気に冷遇され、ターボトレインによる高速列車計画はすべて見直されました。

電気車の性能向上

 電気車の分野では着実に技術革新が進行しました。集電の問題も架線とパンタグラフの改良が進み300km/h以上でも安定した集電が可能となってきました。パワーエレクトロニクスの進歩は電気車の性能と効率をさらに高め、周波数と電圧を自在に制御して構造が単純で小型軽量な誘導電動機や同期電動機を自由に制御できるにいたって電気運転の優位性は確固たるものとなって行きました。

遅れるガスタービンの革新

 当時、ガスタービンはエンジンの中でもっとも革新可能性、開発可能性があると注目されていながら、現実にはなかなか進歩しませんでした。期待された高温高強度セラミックは実用化できず、夢の高効率ガスタービンはおあずけのまま。最大の市場と目されていた自動車業界も大半が撤退してしまいました。

ディーゼルの高性能化

 ディーゼルは地味でも着実に性能を上げていました。小型軽量化もある程度進行し、もともとよかった燃費は直噴化や電子制御などの改良でさらによくなり、省エネ時代に電気運転に次いで期待される車両用動力となったのです。イギリスでは世界ではじめて電気式ディーゼル列車による200km/h運転を実現するに至りました。

こうして高速列車はすべて電気運転を前提に計画が進められ、電化できないところは中速度のディーゼル運転でまかなうという方式へと変化して行きました。

このページの先頭へ